2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:② 412T2 の記事リスト(エントリー順)

412T2 カナダGP #01

 【09//2014】

なんとか(公に公開する)製作依頼案件1号が完成したので、引き続き2号を開始します
IMG_6995.jpg

アレジ念願の初、そして唯一の勝利である1995年カナダGP仕様です
IMG_6994.jpg
Birthday-WINで彼の人生で最高潮な日の一つでしたね。

パーツ一式です
IMG_6999.jpg
不足はありません

細かいパーツは全部揃っているのを先月確認済です
IMG_6707_201412092052526d7.jpg
IMG_6706_20141209205251cac.jpg

説明書
IMG_6998.jpg
IMG_6996.jpg
IMG_6997.jpg

付属デカールはタバコ広告ではないので、サードパーティ製を併用します
IMG_7002.jpg
黄枠内を使用します

残念ながら先日複製したモデラーズ製人形とシートがちょっと合いません
IMG_7003.jpg
元々シートが狭いというか肉厚過ぎるので切削し、肩周りもそれに合わせて整形します

カウルとシャーシ一式の噛合は良さそうです
IMG_7004.jpg

メタル製ブレーキ一式が歪んでいて最悪です('A`)
IMG_7005.jpg
何故全部楕円形やねん( ・ิω・ิ)バカカ
直し様が無いのと、プロポーションキットを優勝ジオラマにするのでこのまま制作します

ホイールリムを研磨してからホイールに接着させました
IMG_7006.jpg
ゴムタイヤもゲート(?)部を研磨して走行仕様にしています。
ゴール直後の摩耗タイヤなので、ショルダーをかなり切削して丸みを帯びさせています。

ラジエーターにエッチングパーツをはめ込もうとするとサイズが合いません(右側)
IMG_7007.jpg
枠の拡大と角を丸く整形してピッタリと収めるようにして接着しました(左側)

説明書通りにラジエータを接着しようとすると
IMG_7008.jpg

完成後に見える状態が最悪です
IMG_7009.jpg
隙間空き過ぎす。

下部も枠が見えない状態でおかしいことこの上ありません
IMG_7010.jpg
埋まってる感丸出しです

気に食わないので、まずはカウルとモノコック側に接着します(当然、仮接着です)
IMG_7013.jpg

すると自然な状態に収まりました
IMG_7012.jpg

万が一接着が外れても落ち込まないように瞬着で埋めてしまいます
IMG_7014.jpg

今日はこの後ホワイトメタルパーツをすべてワイヤーブラシで研磨して終了です。
メタル研磨機が売っていますが、研磨前と研磨後の画像を比較すると、自分でワイヤブラシを使ってルーターで研磨するのと特に変わりません。
しかし、20分間タイマー作動で放置しておけば済み、その間に違うことを出来たり、閉店後に動作させておけば時短出来ます。

「でも、お高いんでしょう・・・?」

31,104円 (税込)で実際に高いので、買うには勇気とカミさんの許可が入ります。
実は職業柄、個人的には金属をピカピカに磨く行為自体も好きなので、研磨自体は一切苦痛や面倒ではありません。
時間と手間を金で買うか、それとも根本的に本業以外の時間の暇潰しである作業をチマチマ行うか。
悩むところでありますが、このキットからホワイトメタルキットを30箱作ることを加味すると買いたくなってきます。
でも研磨するのはせいぜい40分で、ワイヤーブラシは2~3キットで1本駄目にする程度なんですよね~・・・
まぁ買わないと思います。

でも自力、というかワイヤブラシでは届かない小さな隙間なども研磨機だとピカピカに出来る”らしい”ので、今後困ったら考える事にします。



今日は一日中本格的に降っていました
IMG_6993.jpg
毎日雪かきでヘロヘロになるシーズンが確定したようです・・・(;´д`)トホホ…

Category: ② 412T2

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

412T2 カナダGP #02

 【10//2014】

今日は色々多忙によりメタルプライマーを噴く準備だけでおしまいです
IMG_7017.jpg





ヨドバシからきちんとしたデカール届いたので、きちんと貼って確認します
IMG_7015.jpg

こうして貼ると、きちんと同じサイズの文字だと解りますね
IMG_7016.jpg
それにしてもこの一番小さな文字も、拡大鏡で観るときちんとしたアルファベット文章になっているので改めて驚愕です。

これで全種類揃いましたので、ディテールアップに役立てようと思います。
でも臓物見せないキットには使い道がないのでガレキにはあまり必要無いでしょうけれど。

Category: ② 412T2

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

412T2 カナダGP #03

 【11//2014】

ブレーキダクトが埋まっているので開孔させます
IMG_7020.jpg
まずはこうやって穴をいくつも並べて掘ります

どんどん穴を大きくしていって穴を繋げ、ヤスリで段差を除去するとこうなります
IMG_7031.jpg
錠取付工事の際、電ノコを使えない場合のストライクやケースの切り欠き穴を掘る方法の一つです。
つまり、本業でやる作業と何ら変わりがないので、こういう作業は朝飯前です。

リア開孔深度は6.01mmです
IMG_7032.jpg

フロント開孔深度は10.27mmです
IMG_7033.jpg
まぁ実際は左右で少し違いますけどw







( ´゚д゚`)エー




先月複製したモデラーズ製ドライバー人形はこのキットのためにアレジ勝利仕様にした訳ですが、依頼者様が

「可能ならドライバーあり、なし2パターン楽しめるようにするのは可能ですか?」

とのご要望。







( ´゚д゚`)エー




優勝シーンのジオラマにする予定だったのにぃー

依頼者様自身も「シートが無いか・・・」って・・・









あるんだなこれが・・・・








さぁ始まりました凝り性な私の悪い(?)癖。
顧客の期待に応える最大限の努力もせずに端っから「出来無い」と決めつけるのは大嫌いです。
やってやろうじゃぁーあーりませんか!( ・ิω・ิ)ミテロヨー



まず正しいシートサイズになる様、BMCカッターを用いてモノコック内壁をうすうすに切削します
IMG_7021.jpg
掘り過ぎて穴あいちゃった箇所は後で埋めて修正します。

こーんなに切削しました
IMG_7022.jpg
キット付属シートはダサいですねぇ。

そこへF190 (for Monaco)で使用しなかったシートを設置します
IMG_7023.jpg

タミヤF189のシート付き人形を使用したため余ったシートを保管していたのでした
IMG_7024.jpg
シート以外にも不使用パーツは全部こういう時のためにも保存しているのです。

メーターパネルも設置して位置チェックです
IMG_7025.jpg
シートのお尻部が出っ張るのでアンダートレイ側を少し切削して窪ませてピッタリハマるようにしています。

人形の両肩と左手の干渉部を切削して上から脱着可能にします
IMG_7026.jpg
実際に壁と密着する布はシワではなくピタッとしますからね

頭の位置チェックです
IMG_7027.jpg
いい感じです

背中とシートの間を無くすためにシートを前に出す加工をしました
IMG_7028.jpg
メーターパネル側のシート部を削っています。

内壁がガタガタなので均一にするためパテを塗ります
IMG_7030.jpg
明日まで硬化待ちです。
これで”アレジonシート”と”NOアレジ”の2種類が可能になりました。





(ΦωΦ)フフフ…





ステアリングパーツが酷いのでF92ATのステアリングに置換します
IMG_7029.jpg

金属パーツにメタルパワープライマーを噴きました
IMG_7034.jpg

ホイールとホイールナット以外にプラサフ白を噴きました
IMG_7035.jpg
アクリルプラサフはプライマ入りですが、以前金属に吹き付けてもパリッととんがりコーン塗膜全部剥離したので、それ以来こうしています。

ホイール金塗装してタイヤにハメ込みました
IMG_7036.jpg









この馬鹿野郎が・・・
IMG_7037.jpg
フロントホイール幅広過ぎ、リアホイール幅狭い、で酷い有り様です( ・ิω・ิ)バカダロ
ガレキでタイヤ一式をプラキットなどから流用する方が多いのが納得出来ました。






どうにもならんのでフロントタイヤはタミヤ80年代に置換しました
IMG_7038.jpg
フジミの方が幅がしっくり来るのですが、直径がリアタイヤと同じになるので却下。
じゃあリアタイヤも置換すればいいかといえばそうではなく、ホイール幅がすべてのタイヤに足りないので無理です。
従ってリアタイヤはこのままキットパーツでいくしかありません。

「何故ST27はこんな欠陥品作って売るんだろう?」

ブレーキパーツ一式といい、ステアリングといい、ラジエータといい、ちょっと”所詮ガレキだから”の域を出ている気がします。
そこで( ゚д゚)ハッ!と気が付きました。
依頼者様がヤフオクで即決落札し、発送先を当店に指定していました。
つまり、これはNGキットを格安でゲットした出品者が、転売というか出品していただけなのでは?
それを依頼者様が落札して製作依頼をし、今に至ると。
そう考えると色々辻褄が合う気がしてなりません。( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー
2002年発売のキットなので不良品としてST27へのパーツ交換などは出来ませんからどうしようもありませんね。



「敢えて言おう!カスこれは神様が与えたもうた試練であると!」






愛と勇気と気合と根性と金と知恵と努力と経験でなんとか乗り切ってみせましょう( ・ิω・ิ)ウム
まぁ今日少し思い知りましたが、Roll Outのクワ氏とか、ゼロから作る”原型師”って、本当に凄いですよねぇ。


という訳で今日も多忙でこれだけですが、明日もがんばりまふ( ・ิω・ิ)グヌヌ

Category: ② 412T2

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

412T2 カナダGP #04

 【12//2014】

インダクションポッドもガッツリ塞がれているので深堀りします
IMG_7040.jpg
うっかり撮影前に2.0mmドリルで掘ってしまいましたw

こんな感じでごんす
IMG_7041.jpg
あとは艶消し黒塗装でごまかしますw

エキマニエンドも深堀りします
IMG_7042.jpg

冷却用ダクトも開孔させます
IMG_7043.jpg

スジ彫りをガッツリ深堀りして墨入れしました
IMG_7044.jpg
こうしないとどうにもシルエットが把握できません( ・ิω・ิ)
この後白サフ噴くのでエナメルではなくフィニッシャーズの黒です。

アンダートレイを半ツヤ黒塗装です
IMG_7045.jpg

裏側も
IMG_7046.jpg
スキッドブロック採用初年度なのでそこは塗装していません。
後で木目調シールを貼ります。

最初から疑問なんですが、ここをメタルパーツにした意味が理解できません
IMG_7047.jpg
結局段差酷いのでパテ盛りして段差無くして赤塗装するんですよ。
そのままレジンでいいじゃん。

サッフサフにしてやんよ
IMG_7048.jpg
IMG_7049.jpg
バッチリでごんす( ・ิω・ิ)

タイヤロゴをステンシル塗装し、別売りステンレス製エアバルブを設置、ユニフォーミティマークを加筆しました
IMG_7050.jpg

BBSデカールを貼って半ツヤオートクリア噴きました
IMG_7053.jpg
今回はアレジ優勝時の走行摩耗仕様なので品質管理タグやロットナンバー、NOTICEはありません。

半ツヤ黒塗装、ディフレクターやバージボード、リアウィングフラップの下地ファンデ白塗装です
IMG_7054.jpg
ブレーキ一式の銀塗装とホイールナット頭のクリア赤とクリア青塗装も終えています。

シートにまたしてもMFH製スウェード調シートを貼ります
IMG_7051.jpg
もうこれも手慣れたもんですが、相変わらず素晴らしい曲面追従性です。

シートベルト完成しました
IMG_7052.jpg
今回は人形との干渉を考慮して金具部を連結させておきました。
人形の裏面中央部は空洞なのです( ・ิω・ิ)

モノコックに合わせてみます
IMG_7055.jpg

いい感じです( ・ิω・ิ)
IMG_7056.jpg

人形乗せてチェックです
IMG_7057.jpg
乗せても不自然にならない様、きちんと肩パッドのラインを合わせています。

足元もハーネスは見えません
IMG_7058.jpg

バッチリです
IMG_7059.jpg

腰のハーネスの位置もピッタリです
IMG_7060.jpg
これで依頼者様も満足してくれるでしょう。
いや、満足して下さいw



今日はこれだけです。
明日はボディワーク⇒赤塗装⇒保護クリア⇒デカール貼り⇒保護クリアまでいきたいものです。
日曜日にウレタンクリアを噴いて、各種乾燥中にカーボン調塗装や塗り分け塗装、人形作成まで行い、水曜日には研ぎ出しも終えて組んで台座に乗せて完成の予定です。
はてさて、そううまく行きますかどうか・・・( ・ิω・ิ)ウーム

Category: ② 412T2

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

412T2 カナダGP #05

 【13//2014】

ボディワーク終えてファンデ白噴きました
IMG_7061.jpg
いやー真っ白なのに美しいフォルムです( ・ิω・ิ)

削り過ぎたインダクションポッド淵も肉厚に修正済みです
IMG_7062.jpg

カーボン調塗装しました
IMG_7063.jpg

クリアブラックを噴いて光度調整しました
IMG_7067.jpg
ブレーキの塗り分けも完了しています。

シルクレッド塗装しました
IMG_7064.jpg

デカールが赤く滲まないようにクリア保護塗装しました
IMG_7066.jpg

デカール貼り終えました
IMG_7069.jpg
跳ね馬ですね(*´ω`*)

保護と馴染ませのオートクリアです
IMG_7073.jpg
フロントウィング前側淵にミューコレ製カーボンケブラーデカール追加しています

ジャンクデカールからブレンボをかき集めて追加しました
IMG_7071.jpg

スキッドブロックを木目シールで再現しました
IMG_7068.jpg
今回は特別に1枚しか無いAMC製から切り取って使いました。
今まで”ココぞ”という時のために取っておいて、普段はダイソー木目シールを使ってきました。
でもこのキットこそ「ココぞ」ですからね。
さすがにダイソーとは違って、接着力や追従性が段違いで素晴らしいです。

アンダートレイの赤部分忘れていたので塗装しました
IMG_7070.jpg
今更気がついたのですが、ここはどうやら本来はサイドエアインテイクと一体の部分の様です。
ウレタンクリア噴く前に切り取ってインテイク側に接着して段差処理するか、このままいくか考え中です。

と、いうのも、このキットに関しては「そこそこの改造にして制作費抑えて」と依頼者様から言われているので、気が付く箇所をガッツリ改造したくてウズウズするのを、いちいち自分にブレーキ効かせてそのまま組むようにしているからです。
まず空洞箇所がことごとくすべて埋まっているので絶対に譲れない箇所は深堀りしています。
リアエンド部のダクトなんかもそうですが、エッチングを貼るのではなく、そもそもエンジンカウルのそこは空洞で、ミッション真上の2つのダクトパーツにカウルを被せるから、エッチングパーツの様なメッシュが見えるだけなんですよね。
そこを臓物が見えないプロポのみのレジンキット化させるからこうなる訳で。
やはりMFHビルに入る前スタジオ27製品は雑な様です。
プラモデルで未発売のマシンを穴埋めでどんどん出していく、というコンセプトの時代なのでしょうか。
精度は現在のST27とは比べ物にならないくらいに酷いですね。

ちなみに私が依頼者様から先月頭にこのキットの話を聞いた時に思い描いたシーンはこれです
IMG_7065.jpg
今日手持ちアナログ資料をわざわざ撮影したものですが、私にはこのシーンだけしか頭にありません。

なので人形も右手を上げているのでした
IMG_7072.jpg
人形作っている最中で時間切れ閉店です。

明日は例のサイドエアインテイク部をどうするか決めてから作業したいと思います。

Category: ② 412T2

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る