2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

フェラーリ248F1 ミハエル・シューマッハ #01

 【04//2013】

今回も比較用ドノーマル仕様で作るよ!(・∀・)
IMG_0721.jpg

バラバラにしてバリ取りなど終わってまとめ
IMG_0722.jpg
スケルトンボディだけど塗装する

組めるとこまで組んで仮組み
IMG_0723.jpg

黒塗装
IMG_0724.jpg

下地のファンデーションホワイト塗装
IMG_0728.jpg

フィニッシャーズのピュアホワイト
IMG_0730.jpg

銀とガンメタ塗装
IMG_0725.jpg

タイヤロゴまで完成
IMG_0732.jpg
個人的にフジミの転写タイヤロゴはバラバラになって100%失敗するので大嫌い。
なので別売りのカルトグラフデカールを貼ってマークソフター塗布、その後全体に半ツヤクリアでコーティング

BBSデカール付与して保護用半ツヤクリアコーティング
IMG_0735.jpg

組めるとこまでガシガシ組んじゃう
IMG_0733.jpg
カーボン調塗装もカーボンデカールもやらないから(゚⊿゚)ツマンネ
説明書通りだから何もかもが塗り分け不足でダサい
けど比較用だからしょうがないやね(´・ω・`)

赤塗装
IMG_0731.jpg
フィニッシャーズのリッチレッド

デカール貼り終え
IMG_0734.jpg
今回はTABUデザインのオプションデカールの内、バーコード仕様のデカールを追加する
タバコ仕様はフルディテールアップ用にとっておくのだw

2日間でここまで終了
明日オートクリア噴いてからウレタンクリアかなぁ

Category: 248F1 (Normal)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フェラーリ248F1 ミハエル・シューマッハ #02

 【05//2013】

オートクリア
IMG_0736.jpg

6月決算の棚卸が始まった(つーか自分で始めた)のでこんだけ

Category: 248F1 (Normal)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フェラーリ248F1 ミハエル・シューマッハ #03

 【09//2013】

ウレタンクリア
IMG_0889.jpg
まぁそんだけ
毎年のことだけど決算棚卸し('A`)マンドクセ


気分転換というか記録で撮影
IMG_0888.jpg
IMG_0887.jpg

どんどん作るけどどんどん売れないと飾るところがないw

Category: 248F1 (Normal)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フェラーリ248F1 ミハエル・シューマッハ #04

 【11//2013】

ひと通り組んで完成
IMG_0899.jpg

カウルは脱着可能にしておく。
タイヤもホイールカバーも脱着可能に改造しておいた。
落札者が好きにすればいいと思うの(´∀`)
まぁハメるのも外すのも至難の業なんだけどね。
明日撮影して出品かな。

Category: 248F1 (Normal)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

フェラーリ248F1 ミハエル・シューマッハ #0

 【12//2013】

フジミ 1/20 フェラーリ248F1 を説明書通りにノーマル作成





○改 造 点:無し
○塗  装:合わせ目消し⇒#800ヤスリ⇒ファンデーションホワイト⇒ピュアホワイト⇒リッチレッド⇒デカール⇒オートクリア⇒ウレタンクリア
○研ぎ出し:無し

大きい画像はこっち
  



○総評
まずなんといってもカウルがすべて一体型でフロントノーズがまるで咬み合わない。
そしてすべて組むと、エンジンやミッション部はおろか、フロントバルクヘッドやインナーモノコックなどすべての内部パーツが見えなくなる。
そもそもの構造が脱着可能ではなくハメ殺しのため、説明書通りに最後まで組み終わると、内部の塗装などもすべてが無意味になる。
一体何のためのパーツなのかと。
特にステアリングシャフトなんてとても精巧に作られているパーツなのだが、モノコックを完成させると1ミリも見えなくなる。
こんな無意味なパーツは違うキットのシャフトに流用させてしまうべきパーツだ。
これらが後年のC30やMP4/27のエンジンレスに繋がってしまったのではないかと推測する。
それはそれでサイドポンツーンダクトなどからスッカスカなのが丸見えで酷い有様なのだが・・・。
そのくせコストは下がっていないのでは何のためのダイエットなのか理解できない。
そしてホイール接着方法も最悪である。
これも変な凹凸形を接着させるだけのハメ殺し構造で脱着不可能。
これではブレーキまわりやアップライトもまるでどーでもいいパーツに成り下がってしまう。
更にリアホイールカバーを接着すると、内部のBBSデカールなどまるで無意味である。
あとスキッドブロックの塗り分けが無い!
X-18のセミグロスブラック指定で「裏は見えないからいいや」感たっぷりすぎんだろ!
だからST27がスキドブロックシールだけ発売とかするんだ。
私はダイソーなどの木目調シールで超安価代用してしまうが、せめてデッキタンくらい塗り分けしろやタコ。
これらが後のF2007以降の現代フェラーリシリーズにかなりの修正を加える結果になる訳だ。
ただこの辺りからタミヤの追随を許さないラインナップになり、粗悪なものも秀逸なものも混合されてくるフジミ勢力。
必ずと言っていいほど追加SPを出すスケルトンシリーズはもちろん、ウィング追加パーツ○○GP仕様というバリエーションを定着させたのもこの頃である。
そして要所要所の形状を改造を施せば、当時のいろいろな他チームマシンへとスクラッチ可能な点においても、マルチプレイヤーとしての価値は高い。
私自身もトロロッソ、レッドブル、ミナルディ、ルノー、ホンダ、マクラーレン、ウィリアムズと改造制作した。
ST27などからも「フジミ248f1対応デカール」として発売されているほどだ。
これらの理由からこの248F1は様々な意味でのターニングポイントといっていいであろう。

ってうわーなに格好つけてんの俺w
ともあれ、パーツ数の多さにしては作り易さも兼ね備え、少しスクラッチすればかなり精巧な高い再現度を成功させるキットといえる。
言い方を変えれば「手を加えないとまともなキットとはいえない」訳である。
初心者としては手を加えるきっかけになるちょうど頃合いのいいキットではないだろうか。
私個人としてはこの説明書通りのストレート組みは100%納得がいかない訳だが・・・。

Category: 248F1 (Normal)

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る