FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

ジャスティン・ウィルソン

 【25//2015】

大丈夫でしょうか。
琢磨選手はちょっと(´・ω・`)ガッカリ…
最高のポジショニングで2位までこぎつけたのに、最後は逆にポジショニング失敗でチョップ食らって大きく後退でしたね。
それにしてもジャスティン・ウィルソンの容態が本当に心配です。
ついにオープンホイールレーシングにもキャノピーが登場するんでしょうか。
今はとにかく無事と復活を祈りましょう( ・`ω・´)


8.25.12:25 追記

ダメでしたね・・・まだまだ光る走りを魅せて、実績も可能性もある選手だったのに・・・
ご冥福をお祈りします。
ジャスティン・ウィルソン、インディの事故で死去

昨夜CS生中継(実は錦織テニス生放送を優先したため時間帯変更して録画放送にされたもの)を観終わってからずっと心配していましたが、やっぱりダメでしたね。
ビアンキは数ヶ月後、ジャスティンは翌日、でも脳機能停止に至る原因は両名とも同じだと思います。
でもキャノピー付きのオープンホイールレーシングって、まさにくっそダサいサイバーフォーミュラ状態なので、採用はしないと思います。
直接ドライバーが見えるからこそ、フォーミュラシリーズは人気が一番高いのであって、見えなくなったらWECなどと同じで、結局マシンしか見えないレースになってしまいます。
私は思春期からWSPCもル・マン24h程度は欠かさず観てきましたが、その他ラリーやGTなども同じく、やはり「人とマシン」を直視出来ない箱物系はあまり燃えません。
F1と同じく恐らくレギュレーション変更だけ、特にVSCを導入するでしょう。
今回もセイジ・カラムが単独スピンした時点でフルコースコーション確定なのですから、瞬時にVSCを起動させて全マシンを強制的に当該区間減速させていれば、カラム車のパーツはジャスティンの頭部直撃ではなくノーズコーンや
フロントウィングへヒット、方角的にも交わしていった可能性は高いです。
あとは絶えずパックレースにならずに、ある程度バラける様にマシンを改良していくしかありません。
そもそも故ダン・ウェルドンの悪夢を繰り返さないために開発されたDW12だったはずなのに、その改良型になった今年はオーバルコースでは常にパックレースにしかなっていません。
前回のオーバルでのパックレースでもドライバーたちが口々に、特に佐藤琢磨と接触リタイアしたウィル・パワーは「It's really crazy,crazy racing today.」とインタビューで応えていました。
キャノピーという案ではなく、それ以外の繰り返さないための徹底した努力が必要だと思います。
ジャスティン・ウィルソン、安らかに。


20:52 追記
やっぱりそうですよね。
WS000182.jpg
インディカーだけではなく、フォーミュラでは不可能ですよね。
関連記事

Category: 雑記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks