2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

フェラーリ150°イタリア フェリペ・マッサ #07

 【09//2016】

ヘルメットバイザー加工の新技術開発しました(・∀・)

ずっと悩みだったんです、この湾曲仕切らないで広がるの
特に頬っぺたの部分の開きが
IMG_2912_201610.jpg
F2008のやつで接着したので修正不可能ですが
やんわりと過熱してリベットで止めるんですが、どうしても開くんですねココ

でも閃いたことをやったらバッチリこの通り!
IMG_2980_20161009154503748.jpg
昔バイク乗りで実寸のバイザーを解っている私としてはこうでなくては!と思います

やり方は、鍵屋なら誰でも持っているであろう、ピンシリンダー分解組み立て治具を使用します
IMG_2981_201610091545051f2.jpg

この内筒抑えのサイズ違いの空間を利用してバイザーパーツを挟みます
IMG_2982_20161009154506033.jpg
解りやすく中途半端にはみ出させていますが、実際にはパーツを全部中に入れます

トーチで内筒抑え本体を加熱し、空冷します
IMG_2983_20161009154508463.jpg

ご覧の通り、最高の出来です
IMG_2984_20161009154509c2a.jpg
再加熱するため触っている最中に出来る超細かい擦過傷も消えて透明に戻ります

カポっとはめるだけで落ちません
IMG_2985_20161009154514664.jpg
頬っぺたの部分もきちんと湾曲して密着しています


バイザーとウィンドシールドは分厚いのが気に食わないので私はいつも付属の塩ビ板を使用せず、もっと薄くて丈夫なラミネートフィルムを使用しています。
一度空で融着させたものを必要な形状にカットし、再度加熱整形して使用しています。
ウィンドシールドの両サイドのカーブにも苦労しますが、今回のバイザー整形は我ながら最良の方法だと思います。
厚くて固くて加熱整形がもっと困難な塩ビ板ではどうなるのか試してはいません。
内筒抑えのパーツは特殊解錠工具ではないので、鍵屋ではない一般の人も購入できますし、もっと言えばホムセンなどで真鍮パイプのサイズ違いでやるのもいいと思います(私は既に本業で持っているのでわざわざ買いませんが)。
気が向いたら皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


ということでスクーデリアフェラーリロゴ部分を手書き、黄色ラインなども加筆してヘルメット出来ました。
あとはバイザーをブルースモークっていうの?角度によっては反射する塗装して、デカール貼って、クリア保護して、ウレタンクリア噴いて、リベットでバイザー止めて頭は完成です。
中断して日本GPLIVEで観ています。
続きは後で。
関連記事

Category: 150°Itaria AustraliaGP

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks